どうやって占い師をみつけますか?

占いの鑑定をしてもらうと決めた時、どこで占い師を探しますか?どんな占い師を探しますか?

■まずはネットで探す

インターネット今の時代はとにかく探しものはインターネットで出来ると思います。
ネットから占い師を探すことは簡単になり、たくさん占い師さんが在籍しているサイトなどもあるようです。
そしてネットからメールなどで鑑定してもらえるものもあれば、電話をかけて鑑定してもらえるものもあります。

特に占い師さんの顔なりが見えなくても構わないという人は、これらを使うので、家の中で鑑定してもらえるという事です。
電話占いを選ぶならランキングから!【http://xn--5-07t9oma7z5bb3161e6txfeh0a.com/】

■店舗へ出向く

店舗へ行って占う都会の道端や、ショッピングセンターの中でお店として構えている占い師さんを尋ねる方法もあります。
自分の悩み解決の話を聞いてもらうのだったら会って鑑定してもらいたい!という思いが強い人は、こちらを選ぶようです。
店舗ですと、更に自分以外の人の事も占って貰える可能性があり、写真などを持っていくと効果があります。

■趣味でしている友人に鑑定してもらう

鑑定してもらいたいけれども本当に当たるのか分からない上に、お金もちょっと今月はキツいという場合ありますよね?
その時は、趣味で占いをしている占いが良く当たる人を訪ねてみるといいでしょう。
趣味でしている人は、練習にもなるのでそういってくれる人を喜んで占ってくれます。
自宅へ呼び、おもてなしをして、鑑定してもらいましょう。

初回無料の電話占いサイトめぐりでわかった当たる占いサイト

占いイメージ

■占い師の話術

占い師の話術日本では空気を読む、または察するという表現を使いますが、

  • 着ているものや髪型
  • 表情
  • 質問に対する相手の反応
  • 言動などの様子

を読み取ることから性格や考えなどの情報を引き出す事を「コールドリーディング」といいます。
これは話術に於いて重要なテクニックだとされていますが、ここで言う「コールド」は事前の調査がないという意味で、事前の調査をもとに相手の性格を読み取る「ホットリーディング」と対をなしています。
このコールドリーディングは占いだけでなく、セールスマンのセールストークや面接官による面接試験、捜査官による尋問など、幅広い現場で応用がされています。
プロに占ってもらう場合、占い師はこのコードリーディングを駆使して依頼人の心情や悩みを引き出して、占いに応用します。
依頼人は自分では何も言っていないのに自分の事をいろいろ言い当てられるので、占い師の超能力だと信じ込んでしまいます。このように占い師の話術というとマイナスなイメージがつきまといがちです。
しかしこれは高度な職務上の技術なのであって、必ずしも悪用されるばかりではありません。占い当たるでは生年月日や星などの材料以外にも依頼人本人からの情報も使います。コールドリーディングにより依頼人の意識していなかった悩みやその解決法を探ってもらうこともあるのです。